整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

整形外科病院とは

整形外科病院とは、入院できる施設があり、20床以上のベッドがある整形外科が専門の病院を指します。

『病院』の定義には細かい規定もあるのですが、簡単に言うと、ベッドの数が20床以上ある所が『病院』と名乗る事ができます。

整形外科病院とは、『医院』や『クリニック』、『診療所』よりも大きい、整形外科専門の施設

整形外科病院は、一般の整形外科医院の症状をさらに細かく分け、それぞれの専門医が診断・治療を行います。

整形外科病院によって異なりますが、具体的には以下のような症状の専門医がいます。

  • 背骨(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)
  • 肩(五十肩・肩関節周囲炎、腱板損傷など)
  • 肘(テニス肘、野球肘、肘部管症候群など)
  • 手(腱鞘炎、手根管症候群など)
  • 股関節(股関節脱臼、股関節形成不全など)
  • 膝(変形性膝関節症、靭帯・半月板損傷など)
  • 足(捻挫、外反母趾、アキレス腱断裂など)
整形外科病院は、『筋肉や関節を診断・治療する医療機関』の中でも特に専門性が高い

私の住む市内には整形外科病院はありませんが、県内を探すと、日本国内だけではなく世界的な名医のいる整形外科病院もあります。

整形外科病院は、整形外科が専門の症状に対して手術も行えるので、手術を視野に入れないといけない症状をお持ちの方は、お住まいの地域の整形外科病院を探してみるのも1つだと思います。

手術の可能性がある症状をお持ちの方は、整形外科病院の受診も1つの方法です

整形外科病院によっては、手術に関しても最先端で負担の少ない方法を採用していたり、独自の術式を使って、そこでしか治療できないような手術を行う整形外科病院もあります。

しかし、手術に関しては非常に難しい部分がありますので、次回は整形外科の手術の現状についてお話したいと思います。


↑ ページの一番上に戻る

【次】整形外科の手術