整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

整形外科の手術

整形外科の手術とは、『筋肉や関節(骨と骨の連結部分)の運動』に関連する部位が対象となりますが、それらの症状に対して手術を行える施設は限られています。

また、1度手術をして体を切ってしまったら後戻りが出来ない以上、その症状の名医(手術を得意とする先生)に手術してもらえる医療施設が望ましいです。

ですので、『整形外科病院』や『大学病院』だから安心という訳ではなく、小規模の医院や診療所、一般の病院(総合病院を含む)でも、手術をする症状の名医(得意な先生)がいる所であれば、そこが最良の医療施設になります。

病院の規模で選ぶのではなく、『手術を得意とする先生がいるかどうか』で手術をする整形外科を選ぶ

ただ、手術が出来る整形外科を『比較する基準』がないので、手術の数が多ければ多いほど、一般の人は『良い整形外科病院だ』と認識する傾向が強いと言われています。

そのため、実績を上げるために『手術をしないでも良い症状』に対して手術を行う病院があるのも現状です。

しかし、股関節や膝の人工関節手術に関しては、『儲けが大きい』などの裏の事情もあり、後々に悪くなるかもしれないので『両方やっておきましょう』などと言われた場合は、気をつける必要があります。

手術ばかり勧める整形外科病院には注意

やはり、手術をしないように日頃から負担を掛けないことが大切ですが、長年痛みに悩み、整形外科医と何度も相談した上で『手術しましょう』と踏み切ったのであれば、それも症状改善に向けた大きな1歩なのだと思います。


↑ ページの一番上に戻る

【次】手術後の痛み