整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

交通事故治療の選び方

具体的な例として『むち打ち』の症状で説明しますが、交通事故でむち打ちの症状が出ると、(事故の度合いによりますが)事故直後から6週間目くらいまでは炎症による痛みが出ている状態になります。

それなので、むち打ちの症状は何の治療を行わなくても、炎症がおさまればある程度の痛みは軽減されます(※整形外科や整骨院などで適切な治療を受けた方が改善は早いです)。

『症状の改善がストップする』と言うのは、炎症がおさまった分は改善したけど、それ以降の症状に関しては改善があまり見られない状況を指します。

むち打ちの症状は筋肉が主な原因ですが、関節を痛めている事も少なくないので、筋肉や関節の治療を行わなければ大きな改善は見られません。

つまり、整形外科や整骨院などで低周波(電気)治療だけを続けていても、根本的な改善には至らず、最悪の場合は『早くて事故の半年後、遅くて10年後に出る』とも言われる、事故の後遺症に悩まされる事になります。

それなので当サイトでは、事故から4~6週目以降の治療に関しては、筋肉や関節に直接触れる整体をお勧めしています。

交通事故にあったら!後遺症を減らす『治療選びと慰謝料増額』の流れ


↑ ページの一番上に戻る

【次】背骨の神経圧迫による実際の症状は?