整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

背骨の神経と内臓の痛み

カイロプラクティックの元々の始まりは、アメリカのパーマー氏が、耳の聞こえなかった召し使いの背骨を触っていたら1つだけ飛び出していた骨があり、それを押し込んだら耳が聞こえるようになった・・・という話がキッカケだそうです。

そこまで劇的な症状の改善はなかなか見られませんが、背骨と背骨の間から出る神経の通りが良くなり、それにより改善したのではないか・・・という症状は結構あります。

最も多いのは、腰痛の治療で来院された方が、腰痛の改善と同時に便秘も改善したという例です。

これは、腰から出る神経が腸と関連しているので、腰周りの筋肉や関節の動きが改善する事で、神経の流れも正常に近付き、腸の働きが活発した事が考えられます。

その他の症状は年配の方に多いのですが、具体的な物としては、消化不良に近い形でゲップが詰まるという方が今までに何人かおりました(すべての方が痩せ型で60歳以上の男性)

その方達は、胃の神経と関係する背骨の部分を押してあげるとゲップが出て『スッキリした』と言って帰られます。

実際、ここまで分かりやすい症状は少ないのですが、背骨の間から出る神経が内臓の働きにも関連しているので、背骨の関節や筋肉を緩める治療は、健康に過ごす意味でも大切だと考えています。


↑ ページの一番上に戻る

【次】