整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い > 『医療機関の違い』 まとめ ← 現在のカテゴリー

医療の適応症状と得意分野

痛みの治療を行う医療機関は、整形外科(病院)、整骨院(接骨院)、針灸院、整体、マッサージなどが代表的です。

しかし、それだけ『痛みの治療を行う医療機関』に種類がありながら、治療対象に当たる『適応症状』は、すべての医療機関であまり違いがありません。

具体的な適応症状については、 全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患がとても分かりやすくおすすめしています。

整形外科(病院)、整骨院(接骨院)、針灸院、整体、マッサージの『適応症状』はほぼ同じ

痛みの治療を行う医療機関の『適応症状』を大きく分けると以下の4つになります。

  • 肩こりや腰痛などの筋肉の症状
  • 手足の痺れ(しびれ)などの神経痛
  • 四十肩や膝の痛みなどの関節痛
  • むち打ちなどの交通事故や外傷

しかし、痛みの治療を行う医療機関すべてで、『肩こりや腰痛の施術』は適応症状ですが、『治療を行っている症状=得意分野』という訳ではありません。

つまり、『肩こりや腰痛の治療を行っています』と言っても、肩こりや腰痛が『適応症状』というだけで、『得意症状』にはなりません。

適応症状は『得意症状』ではないので、治療はできても『苦手』な場合もある

医療機関や治療法によって『得意』『不得意』がありますので、

  • 患者さんが多くて長く待たされるから整形外科は避けていた
  • とりあえず健康保険がきくから整骨院(接骨院)へ行っていた
  • 疲れたらとりあえずクイックマッサージに行っていた
  • 整体はボキボキして『痛そうで怖い』から一歩踏み出せなかった

このような経験がある方にはお役に立てる内容だと思います。

こちらのサイトでは、まず整形外科や整骨院、整体などの違いをまとめた『症状別のおすすめ治療』について、お話したいと思います。


↑ ページの一番上に戻る

【次】症状別おすすめ治療