整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い > 『医療機関の違い』 まとめ ← 現在のカテゴリー

症状別おすすめ治療

肩こりや腰痛、関節の痛みなどの治療は、整形外科(病院)や整骨院(接骨院)、整体・マッサージなどが代表的です。

整形外科は『画像診断』と『投薬や注射』を唯一行えて、接骨院・整骨院は『骨折・脱臼・打撲・捻挫』の治療、整体は筋肉や関節に直接アプローチする施術を行い、クイックマッサージは『リラクゼーション』が中心です。

また、整形外科や整骨院、整体などで治療を行っている痛みや症状については、 全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患が、カラー画像で分かりやすくおすすめです。


以下に、症状別のおすすめ治療について記載したいと思います。

整形外科医院(病院)

  • ぎっくり腰や椎間板ヘルニアで動く事が困難な場合
  • 関節の痛みで、レントゲンなどを撮りたい場合
  • 骨折も疑われる打撲・打ち身をした場合
  • 健康保険を使いたい場合
  • 交通事故の被害に遭った直後

整骨院・接骨院

  • 肩や肘の脱臼の場合
  • 足首などの捻挫の場合
  • 健康保険を使いたい場合
  • 交通事故初期の治療(事後から4週目くらいまで)

クイックマッサージ

  • 治療というよりもリラクゼーションを求める場合
  • ※アルバイトが治療をしている所が多いので注意

整体・カイロプラクティック

  • 整形外科や整骨院などで改善しない症状
  • 肩こりや腰痛、四十肩や五十肩などの筋肉や関節が原因の症状
  • 坐骨神経痛や手足の痺れ(しびれ)などの(自律)神経の症状
  • 交通事故の慢性期(事故から1ヶ月以上過ぎた頃から)の治療

肩こりや腰痛、膝関節の痛みなどの様々な症状は、出たり消えたりを繰り返し少しずつ悪化していきます。

症状が『一時的に消えた時に「治った」と思って放置』してしまうと、後々にギックリ腰や椎間板ヘルニア、手足の痺れ(しびれ)などが出て、最悪の場合は生涯その症状に悩まされてしまう事もあります。

一時的に消えた症状は、次の痛みの準備をしている

筋肉や骨格の症状も内臓の症状と同じで、1度強く悪くしてしまうと、健康な状態に戻す事はとても難しくなります。

様々な治療の得意分野を知っておくと、『どこへ治療に行ったら良いか分からない』という疑問もある程度はなくなってくると思いますが、内臓の症状も筋肉・骨格の症状も早期治療が大切になります。

コリや痛みも悪化すると完全には治らないので、早期治療が重要

少しでも気になる症状のある方は、接骨院や整体で早めの治療を受け、ある程度まで症状の改善を行い、その後は『月に1回~季節に1回程度』の定期的な治療をお勧め致します。

『腰痛の方』はこちらもおすすめ(私の別サイト)


↑ ページの一番上に戻る

【次】交通事故治療の違い