整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

自動車保険を使った病院や整骨院の治療

2008年の春、柏整体院(当院)に『自動車保険を使って事故の治療を受けたい』という方がいらっしゃいました。

その方は歩行中に交通事故の被害に遭い、東京都内の大学病院で4ヶ月間治療を受け全く改善せず、転院する形で接骨院に3ヶ月通い、結局は「手に負えない」と言われ、再度大学病院での検査を勧められた結果、大学病院では「レントゲンに異常もなく再検査の必要は無い」と言われてしまい、『これ以上は良くならない』と判断されて治療の打ち切りを言われたそうです。

『このままでは痛みが一生取れない』と怖くなってインターネットで検索していると、当院のホームページを偶然に見つけ、痛みで歩けない中、東京都内からタクシーを使っていらっしゃいました。

痛みが強くこの半年間はほぼ寝たきりで、通院は付き添いの方に連れられて全てタクシーだったそうです。


体の状態を見ると、筋肉は固まり、関節が動きませんでした。

関節が動かせない状態なのに、大学病院では痛み止めの処方、接骨院では電気治療と湿布だけで、動きをつける治療は一切されなかったそうです。

柏整体院で治療後、ほとんど動かなかった関節にも少し動きが付いたようで、来院した時に引きずっていた足も引きずらなくなり、『今後もぜひ通わせて下さい!』と次の予約を取り喜んで帰られました。

しかし後日、医療費を支払う保険会社から電話があり、「半年以上も(他の病院に)通院しているのでこれ以上の治療は不要です」と一方的に言われてしまい、こちらが『症状の改善が見られるを事』を話しても「当社の規定ですので」の一点張りで、今後の治療は断られてしまいました。

交通事故にあったら!後遺症を減らす『治療選びと慰謝料増額』の流れ


↑ ページの一番上に戻る

【次】交通事故治療にこだわる理由【決意】