整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

交通事故の後遺症

私は千葉県で20年近く整体・カイロプラクティックの治療を行っていますが、交通事故で過去に鞭打ち(むちうち)をされた方の体は、一般の肩こりや首の症状とは比べられないくらい筋肉が固くなっています。

特にむちうち経験のある方は、肩や背中の筋肉が癒着(萎縮)したような固さになっていて、肩こりではなく鈍痛などの重苦しい痛みが出て、頭痛も頻繁に出ているケースが多く見られます。

これらは『後遺症とハッキリ呼べない後遺症』と私は表現していますが、それらの交通事故の後遺症を防ぐには、自動車保険が適用できる段階で、どれだけ悪くなった部分を治療・改善できるかがポイントになります。

整形外科や整骨院・接骨院の治療が合った方は良いのですが、治療が合わずに症状の原因を治療できなかった方は、このような『後遺症と言われない後遺症』が、早くて(保険での交通事故治療が終わった)半年後、遅くて10年以上先に出る可能性もあります。

しかし、後遺症として出てくる前の段階でも、肩や背中などに強い固さが出ているはずですので、交通事故の治療をしっかり行えなかった場合は、整体などで早めに根本的な固さを取り除いておくのも予防方法としては大切だと思います。

交通事故にあったら!後遺症を減らす『治療選びと慰謝料増額』の流れ


↑ ページの一番上に戻る

【次】「症状がひどくない」と思っても事故の負担は大きい