整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

柔道整復師の開業資格とは?

整骨院や接骨院の開業資格は、『柔道整復師』という国家資格を取ることで得られます。

整骨院と接骨院の違いと重複しますが、柔道整復師の資格を取るには、『3年制の専門学校(もしくは4年制大学)卒業』と『国家試験の合格』の2つをクリアする必要があります。

整骨院や接骨院の開業資格は、柔道整復師の資格が必要

ただ、整骨院や接骨院の開業資格はあっても、柔道整復師の資格を取ってすぐに独立開業する人は、ほとんどいません。

その理由は自動車運転免許と同じで、柔道整復師も『資格取得直後』は治療に関して初心者マークだからです。

資格を持っていても治療経験が少なければ、開業以前に、患者さんの役に立てません。

開業資格があっても治療経験がなければ役に立てない

また、接骨院・整骨院の養成学校に3年4年通っても『患者さんの役に立てない理由』は、柔道整復師の国家試験には『治療』などの実技はなく、筆記だけで判断されるからです。

専門学校や大学は、開業した人数よりも『国家資格に何人合格したか』が実績になります。

ですので、授業の時間割を見ても『実技(治療の練習)の時間は週に数時間』しかなく、ほとんどが知識を叩き込むための講義中心となります。

接骨院・整骨院の養成学校では、治療技術の講義は少ない

そのため、ほとんどの方は開業前に整形外科や整骨院・接骨院などに勤め、治療経験を積んでから開業します。

つまり、治療家としては『開業資格を得てからがスタート』になります。

ですので、整骨院や接骨院を選ぶ際には、『国家資格をいつ取ったか』を確認しておくことも大切です。


↑ ページの一番上に戻る

【次】保険適用の治療と健康保険