整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

健康保険と保険適用の治療

整骨院・接骨院で健康保険が適用できる治療は5つしかありません。

  • 骨折(単純骨折、疲労骨折、圧迫骨折など)
  • 脱臼(肩や肘が外れて抜けてしまった状態)
  • 打撲(交通事故や転倒などによる打ち身)
  • 捻挫(足首・手首などの靭帯を痛める症状)
  • 筋挫傷(筋肉や腱が無理に伸ばされた状態)
整骨院・接骨院で健康保険が適用できる治療は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・筋挫傷の5つ

整骨院や接骨院は上の5つの治療にしか健康保険が適用できないので、肩こりや腰痛などの慢性症状で通院した場合は、自費治療で施術を受けなければなりません。

しかし実際は、肩こりを『頚椎捻挫』、腰痛を『腰椎捻挫』などの病名で保険を不正に請求して、『暗黙の了解』として健康保険を使った治療が行われています。

本来違法である慢性症状に対する健康保険の適用治療は、限度を越えなければ『黙認状態』にある

また、整骨院や接骨院で健康保険が適用する症状は『骨折・脱臼・打撲・捻挫・筋挫傷』の5つの治療に限られますが、それらは整形外科の治療分野と重なります。

整形外科と整骨院や接骨院では治療方法や得意・不得意分野に違いがありますので、それらを考慮した上で施術を選ぶ必要があります。

整骨院・接骨院の保険適用症状と、整形外科の治療分野は重なる

次回からは、整形外科と整骨院・接骨院の違いについて、健康保険が適用できる5つの治療に対して説明します。


↑ ページの一番上に戻る

【次】骨折・脱臼・打撲・捻挫・筋挫傷の治療