整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

経営マニュアルを徹底する整体学校もあり、整体選びを難しくしています。

経営マニュアル徹底型の続きになります。

『経営重視の整体学校』で最も有名な所の講義内容は、20個程度の整体技術だけを教えて、あとは『1人の患者さんを何度も来院させて売上アップ』する技術をマニュアル化し、それを徹底的に教え込みます。


そもそも、20個の整体技術が多いのか少ないのか分かりにくいと思いますが、料理のレパートリーで考えたら、『卵料理』という1つのカテゴリーだけでも20個以上の調理法(レシピ)があるのではないでしょうか?


整体に来院される方も『肩こり』『腰痛』『膝痛』『神経痛』など、様々な症状(カテゴリー)の方がいらっしゃいますが、20個程度の整体技術でどれだけの症状を施術できるのかは考えてしまう部分ですし、私が通っていた2年制の整体学校では、検査法なども含めれば300個以上の整体法を学びました。


経営重視の整体学校は、治療技術を教える時間を削って、その分、『売上アップを優先した経営法』を教えている。

最も有名な『経営重視の整体学校』を卒業した方の整体院の特徴

  • 値段は30分5000円前後
  • 無痛治療(押すより動かす系)

値段設定もマニュアルで教え込まれているので、相場より高いと知っても、他の卒業生も同じなので気にならない方が多い。

私の知り合いに、経営重視の整体学校を出て経営マニュアルを徹底している先生がいるのですが、その業界(経営重視の整体学校)ではそこそこ知られている整体師だったので、週に何人か現役の治療家が見学に来るほど技術は高い先生でした。


しかし、様々な治療法を長年勉強して来て、その結果たどり着いたのが『経営重視の整体学校』だったそうなので、マニュアル治療以外の引き出しも非常に多い先生でした。


色々と否定的なことを書きましたが、たとえ『経営重視の整体学校』を卒業された方でも、技術があり患者さんの役に立てる治療家であるのならば、それはそれで良い整体師なのではないかと私は思っています。


↑ ページの一番上に戻る

【次】心理学で売上アップを目指す団体