整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

整体の保険適用は整骨院や整形外科と違うの?

整体は保険適用できないことが、魅力の1つです。


『健康保険を適用できない事』がどうして整体の魅力の1つかと言いますと、『医療』や『治療』の分野で最も患者さんから求められている事が、『安さ』ではなく『良くなること』だからです。(安さも大切ですが)


整体は『安さ』よりも『良くなること』に重点を置いている

健康保険が適用できる医療資格は2つしかなく、1つは医師で、もう1つは柔道整復師になります。


医師は『病院(整形外科とか内科など色々)』、柔道整復師は『接骨院』『整骨院』、昔で言う『ほねつぎ』の開業資格があります。


保険適用ができるのは『病院』『接骨院』『整骨院』だけ

保険を使った治療のメリットは『安さ』ですが、『安さ』は何かしらのサービスを犠牲にしているという裏返しでもあります。


スーパーなどで考えると分かりやすいかもしれませんが、安いスーパーは『薄利多売』でたくさん売らなければいけません。


治療業界も同じで、保険適用の整骨院や接骨院は『薄利多売』をしなければ経営が成り立たないので・・・


治療する先生が毎回違ったり、治療方法がどんな症状でも同じだったり、他の先生と治療法が違うといけないのでマニュアル化されていたりして、多くの患者さんを効率的に短時間(5分とか10分)でこなします。


つまり保険適用の整骨院や接骨院の治療は、患者さんの『症状改善』よりも患者さんを『効率的に多くこなす経営』に重点が偏りがちです。

とは言っても、整骨院や接骨院で『良くならない』わけではありませんし、保険適用ができない整体でも『良くなる』というわけでもありません。


整体院でも『経営重視』の所は結構ありますし、治療経験が少なく技術の低い所を選んでしまえば、じっくりと時間をかけた整体治療を行っても、一向に改善せず悪化する事も少なくありません。


そういった面を考えると、保険が適用する・しない関係なく、治療選びは慎重に行う必要があると思います。


↑ ページの一番上に戻る

【次】整体の料金相場は?