整骨院・接骨院・整体・整形外科の違い

カイロプラクティックの治療法と特徴について

カイロプラクティックとは、1890年代にアメリカで考案された『骨格を調整する事で神経の流れを良くして症状の改善』を目指す治療法で、アメリカでは医師免許の1ランク下くらいの医療資格になります。


ただ日本では、純粋にカイロプラクティックのみで治療をしている方が少ないのと、法律で定められた医療資格(国家資格)ではないので、『整体の一種』という立ち位置にあります。


日本では、カイロプラクティックも『整体の一種』

日本では『整体の一種』と位置づけられているカイロプラクティックですが、日本的に言うと『流派』がたくさんあるので、店名に『カイロプラクティックという名称が付いているから』と言って、みんな同じような治療をする訳ではありません。


また、15年くらい前まで、日本の大手カイロプラクティック学校は今以上に『整体とごちゃ混ぜ』の治療を教えていたので、カイロプラクティックというと『ボキボキする治療』と言ったイメージが抜けていないのも現状です。


カイロプラクティックにも色々な流派や治療法がある

日本に『純粋なカイロプラクティックで治療をする所』が少ないのは、日本人は按摩や指圧という『揉みほぐし』の文化が元々あり、骨格調整だけでは『満足感を感じにくい』というのが大きいと言われています。


実際、アメリカのカイロプラクティック大学を出て国家資格(アメリカの)を取った先生が、日本で人気や評判が良いかと言うとそうではありません。


整体院やカイロプラクティック院のホームページを見ると、アメリカで勉強してきた事をプロフィールに書いている先生もいらっしゃいますが、実績や評判をあまり聞かない治療院であれば、『すごいなぁ~』程度に止めておくのが無難かと思います。



↑ ページの一番上に戻る

【次】整体の効果